プラセンタ注射・ヒアルロン酸注射など美容注射のすべてがわかる「40歳からの美容注射.com」 40歳からの美容注射.com
美容注射.com » 【体験談】「ヒアルロン酸注射」でしわ・たるみ対策 » しわ・たるみの原因と対策

しわ・たるみの原因と対策

しわやたるみの種類と原因について解説。しわやたるみの種類ごとに、チェックしておきたい成分についても紹介しています。

しわの種類と原因・対策

たるみじわ、真皮じわ

たるみじわ、真皮じわとは、老化によってあらわれてくるしわのこと。老化や紫外線の影響で、肌に弾力がなくなることでできるため、「エイジングじわ」「紫外線じわ」とも呼ばれます。

たるみじわ、真皮じわができる部位

口元、目元、おでこ、頬、首など。目尻や目の下の小じわ、目を見開いたり眉毛を上げたときにできるおでこのしわ、小鼻から口角にかけてできる「ほうれい線」、口角からあごにかけてできる「マリオネットライン」、目頭から頬にかけて斜めに走る「ゴルゴライン」など。

しわができる原因

肌の真皮にあるコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸などによって表皮が支えられ、肌のハリ、弾力、潤いがキープされています。しかし、加齢によってこれらの成分は減少していくため、皮膚を支えきれなくなってしまいます。

また、紫外線を浴び続けることによって活性酸素が発生し、エラスチンやコラーゲンにダメージを与えて、水分保持機能を低下させていきます。

加齢によって筋力が落ちたり、皮下脂肪が増えることによっても、たるみが出て、しわにつながっていきます。

対策

たるみじわ、真皮じわの原因は加齢と紫外線。加齢を止めることはできませんが、紫外線は防ぐことができます。外出時には日焼け止めを塗ったり帽子をかぶったり、直接、陽射しが当たらないようにしましょう。

しわの改善に保湿は欠かせません。保湿力の高いスキンケア用品を取り入れるようにしましょう。とくに、たるみじわや真皮じわの対策としては、保水力の高いヒアルロン酸がおすすめです。

マッサージやエクササイズなどで、普段あまり使わない部分を意識して動かすことも、たるみの予防・改善に有効です。

たるみじわ・真皮じわ対策を詳しく見る

表情じわ

表情じわとは、その名の通り、笑ったり、怒ったり、泣いたりしたときにできるしわのこと。とくに、大きな口を開けて笑ったり、顔をくしゃくしゃにしたり、眉毛を上げたり、目を見開いたり、しかめっ面をしたりすることの多い人は注意が必要です。

表情じわができる部位

おでこ、目尻、眉間、あごなど。目を見開いたり眉毛を上げたりすることが多いと、おでこに横しわが出やすくなります。目尻のしわは「笑いじわ」はまだしも、眉間に刻まれる縦じわは、老けて見られたり不機嫌に見られてしまうこともあるので注意しましょう。口を閉じたときに下唇に力が入っているとあごに「梅干ししわ」ができることがあります。

しわができる原因

笑ったり怒ったりして、表情を一度作っただけではしわにはなりません。何度も同じ表情を作ることで跡がついて、しわができてしまいます。

若い頃はコラーゲンやエラスチンの働きによって、水分を十分にため込んで肌の弾力が維持されています。そのため、肌の形状記憶力もしっかり機能しているのですが、加齢や紫外線によって肌が弾力を失い、その働きが弱くなってしまうと、跡が残りやすくなり、できたしわが戻りにくくなってしまいます。

対策

目を見開いたり、眉間にしわを寄せたりする癖のある人は、その癖が出ないように意識しましょう。笑うときなども過度に力が入らないように、自然な表情を。頬杖をつく、うつぶせで寝る、姿勢が悪いという人も要注意です。

表情じわを作らないよう、無表情でいればいいのかというとそうではありません。表情筋を使わないと、筋肉が衰えてしわができやすくなりますから、エクササイズやマッサージで適度に表情筋を動かすことも大切です。

表情じわの対策には、ボツリヌストキシン(ボトックス)が有効だといわれています。

表情じわ対策を詳しく見る

乾燥じわ、ちりめんじわ

乾燥じわとは、肌の水分量が不足して、乾燥することでできるしわのことで、ちりめんじわとも呼ばれます。細かく、比較的浅いところでできますが、そのままにしておくとしわの数が増えてつながり、大きなしわになってしまいます。

乾燥じわ、ちりめんじわができる部位

目の下、目尻などの目元、頬、口元など。目元は皮膚が薄くて皮下脂肪が少なく乾燥しやすいため、乾燥じわができやすいところです。

頬は比較的水分がキープできる場所ではありますが、メイクやスキンケアなどで刺激を受けることが多く、角質層がダメージを受けて硬くなってしまうことがあります。

口元も皮脂の分泌量が少なく乾燥しやすい部位のひとつです。

しわができる原因

乾燥じわができる主な原因は肌の乾燥。水分量の十分な肌はキメが整い、角質もふっくらしています。しかし、肌の水分量が不足すると角質から水分が抜け、乾燥した肌の表面は収縮してキメが荒くなってしまい、細かいしわができてしまうのです。

加齢によって肌のターンオーバーが乱れたり、紫外線を浴びて活性酸素が発生すると、肌の水分保持機能が低下し、乾燥じわの原因になるといわれています。

対策

乾燥じわの原因は乾燥ですから、まずはしっかり保湿をすること。スキンケアで保湿をするのはもちろんのこと、乾燥する季節には、加湿器などを使って、室内も乾燥しすぎないようにするなどの配慮が必要です。

紫外線も、乾燥じわの原因になります。紫外線は晴れの日だけでなく、曇りの日でも雨の日でも降り注いでいます。外出する際にはしっかりと紫外線対策をしましょう。

スキンケアでは、保湿力の高いものを。乾燥じわの対策にはコラーゲンが効果的だといわれています。

乾燥じわ・ちりめんじわ対策を詳しく見る

関連ページ
ヒアルロン酸を打ったYukoさん

【取材】ヒアルロン酸を打ったYukoさん

ほうれい線が気になってヒアルロン酸を打った方へインタビュー!効果や痛みなど具体的にお伺いしました。…しわ・たるみの注射エピソードを読む

TOPへ戻る
美容注射の費用と期間について

美容注射は、美容や健康に役立つ成分を、素早く体に吸収させられる治療法です。美容注射の費用相場はヒアルロン酸約4~10万円(部位による)、プラセンタ約2,000~3,000円/1回、ビタミン約5,000円、コラーゲン8~12万円、BNLS・BNLS neo2万円/1本、といわれています。また、クリニックによって費用・治療期間ともに変動しますので、一度問い合わせてみることをおすすめします。

リスク・副作用について

美容注射のうち、ヒアルロン酸注射のリスク・副作用として、内出血・腫れ・痛み・異物感・仕上がりの左右差(アバター)・アレルギー・細菌感染・血流障害などが生じる可能性があります。

プラセンタ注射のリスク・副作用として、悪寒・悪心・発熱や痛み、原材料によるアレルギー、投与方法によるショック症状などが考えられます。

また、持病をお持ちの方は、合併症などが起こる可能性が高くなる恐れもありますので、不安な点についてはクリニックへご相談ください。