プラセンタ注射・ヒアルロン酸注射など美容注射のすべてがわかる「40歳からの美容注射.com」

40歳からの美容注射.com
プラセンタ注射・ヒアルロン酸注射など美容注射のすべてがわかる「40歳からの美容注射.com」

自己流のエイジングケアやエステに限界を感じていませんか?そんな人は、美容医療でワンランク上のエイジングケアに挑戦してみてはいかがでしょうか?
美容医療というと手術を思い浮かべがちですが、いまメスを使わない美容注射が注目を集めています。
悩みや部位に合わせて注射の種類も豊富。手軽に受けられる美容法です。

\101人に聞きました!/この人老けたな…と
思うポイントはどこ?

美容注射.com編集部が調査した老け顔に関するアンケート結果※編集部調べ(2018年)

1ほうれい線

2目じりの小じわ

3頬のたるみ

4ハリツヤのない肌

5目の下のたるみ

メイクではカバーしきれない
しわ・たるみが老けの最大要因!

「美容注射.com」編集部の調査によると、他人から見た老け顔ポイント第1位はほうれい線!60%を超える人が、他人のほうれい線に老けを感じるようです。次いで目の周りのしわ、頬のたるみ、ハリツヤのない肌が上位に。

6・7番目に出てくるシミ・くすみは、メイクで多少は隠せるお悩みです。つまりこれは、しわ・たるみなどメイクでカバーできない悩みほど、他人の目につきやすいという顕著な結果!
セルフケアでも解消できない、メイクでも誤魔化せない…そんな深いお悩みこそ、美容注射に助けを求めてみませんか?

美容注射の疑問に回答!

みんなが気になる定番質問

傷跡はできる?

メスを使わず、注射を打つだけなので、傷ができたとしても針で刺した程度の傷です。内出血が起こる場合もありますが、長くて1週間ほどで目立たなくなります。

所要時間は?

注射自体の施術時間は5~30分程度で終わります。注射より点滴式の方が、時間はかかります。そこに診察やカウンセリングの時間が加わるので、時間には余裕をもっておいた方がいいでしょう。

メイクは落とすの?

顔に注射をする場合、注入する部分だけメイクをふき取ってから施術します。全てメイクオフせず大丈夫。顔以外に腕などに打つタイプの注射は、もちろんメイクはしたままでOK!

ダウンタイムは?

メスを使わない施術なので、ダウンタイムはほぼありません。これが美容外科手術との違いであり、美容注射のメリットのひとつでもあります。施術後にはメイクをして帰ることもできます。

打つ頻度は?

美容注射の種類にもよりますが、体内に留まらない美容成分の場合、2週間に1回ほど打つことで効果を実感しやすくなります。ヒアルロン酸やボツリヌストキシンなど体内で安定させる成分だと、こまめに打つ必要はありません。

美容注射のココが知りたい!質問は編集部まで

今までに届いた質問はこちら
  • ヒアルロン酸注射は打ち続けないとダメ?やめたら皮膚が伸びると聞いたのですが。…回答を見る
  • 注射と点滴はどう違いますか?どちらのほうが効果があるのでしょうか。…回答を見る
  • プラセンタを一度でも注射すると、献血ができなくなると聞きました。本当ですか?…回答を見る

40過ぎてもキレイでいたい!お悩み別に
美容注射を探す

しわ・たるみ

しわ・たるみの原因と対策

老化によってあらわれる、ほうれい線やマリオネットライン、ゴルゴラインなどの「たるみじわ・真皮じわ」、笑ったり怒ったり、表情の変化によってあらわれる「表情じわ」、肌の水分量が不足してできる「乾燥じわ(ちりめんじわ)」の3つの種類があります。

しわ・たるみにお悩みの人は
この美容成分をチェック

ヒアルロン酸
もともと人間の体にある成分ですが、加齢によって減少し、肌の弾力やみずみずしさが失われる原因に。たるみじわなどの深いしわに注入することで、改善が見込めます。
ボツリヌストキシン
ボツリヌス菌が作り出す神経毒。美容注射では注意を払い、量を減らして濃度も薄いものを使用しています。眉間や目じりの細かな表情じわの改善に用いられます。
コラーゲン
タンパク質のひとつで、もともと人間の体内に存在しています。皮膚の70%はコラーゲンでできていると言われ、肌以外にも、関節や骨、血管など関わっている大事な成分です。
ヒアルロン酸注射を打ったYukoさん

美容注射ファンに聞いてみた vol.1
ヒアルロン酸注射を打ったYukoさん

ほうれい線が気になってヒアルロン酸を打ったという39歳主婦のYukoさん。ヒアルロン酸注射を選んだ理由、そして施術の効果や痛みまで、編集部がじっくりお話を伺いました。ヒアルロン酸への満足度が高いご様子から、施術を成功させる秘訣を探り出しました!

インタビューの続きはこちら

しわ・たるみタイプの
注射の副作用・リスクは?

内出血
10人に1人くらいの割合で発生すると言われ、注射針が細い血管に当たることで起こります。強いものでも2週間くらいで消えます。
腫れ
内出血が強く出た場合に、同時に腫れが出ることも。3~4日で治まることが多いです。入浴を控えると良いでしょう。
痛み
注射を打つ際の針を刺す痛みとは別に、術後に鈍痛を感じる人も。1~2週間ほどで引いていきます。
異物感
溶剤の注入量が多いほど、術後に膨らんだような異物感を感じます。1週間ほどで気にならなくなります。
仕上がりの
左右差
もともと人の顔は非対称なので、左右均等に溶剤を注入すれば、差もそのまま。差をなくすには医師のセンスが重要です。
細菌感染
注射器の消毒・滅菌不足や、院内の清潔が保たれていない場合、ごく稀に細菌感染を起こしてしまうことがあります。
血流障害
誤って血管内に溶剤を注入すると、皮膚が紫や赤になり、痛みも生じます。クリニックでの対処が必要です。

自分でできる副作用対策は?
美容注射の正しい知識
~しわ・たるみタイプ~

美白

シミの原因と対策

頬骨に沿って左右対称にできる薄茶色のシミが肝斑。30~40代に発症することが多く、メイクでも隠しにくいです。一方、浴びた紫外線の積み重ねによってあらわれるシミは老人性色素斑。早ければ20代後半から出てきます。ニキビや虫刺されなど皮膚の炎症が、シミになって色素沈着を起こしたものは炎症後色素沈着です。

シミにお悩みの人は
この美容成分をチェック

プラセンタ
動物の胎盤から抽出されるプラセンタ。アミノ酸、タンパク質、糖質、ビタミン類、ミネラルなどの栄養素を多数含んでいます。ターンオーバーを促す作用のあるアミノ酸が豊富。
ビタミンC
抗酸化作用が強く、メラニンの原因となるチロシナーゼという酵素の働きを阻害します。また、コラーゲンの合成にもビタミンCが活躍します。
トラネキサム酸
人工的に合成されたアミノ酸の一種ですが、厚生労働省に認可された医薬部外品有効成分です。メラノサイトの活性化を抑制します。
プラセンタ注射を打ったKeikoさん

美容注射ファンに聞いてみた vol.2
プラセンタ注射を打ったKeikoさん

プラセンタ注射を2ヶ月間打っていた会社員のKeikoさん。「化粧水や美容液に何万もお金をかけるよりも、美容注射の効果を信じている」という美容注射マニアさ。プラセンタ注射の効果や施術、日頃のスキンケアまでたっぷり取材してきました。

インタビューの続きはこちら

美白タイプの注射(プラセンタ)の副作用・リスクは?

悪寒・発熱
人によっては悪寒、悪心、発熱、発赤、発疹が出ることも。初回の注射後は微熱が出る場合もあります。
痛み・発赤
術後、注射部位に痛みや赤みが出るケース。数日で治まることが大半のため、患部に触れないようにしましょう。
原料による
アレルギー
例えばプラセンタは、厚生労働省認可のヒト由来の溶剤にタンパク質やアミノ酸を含むため、アレルギーが出ることがあります。
投与法による
ショック症状
皮下注射・筋肉注射は、これまでの使用経歴から重篤な副作用の可能性は低いですが、静脈注射はショック症状の報告があります。

自分でできる副作用対策は?
美容注射の正しい知識
~美白タイプ~

美肌

年齢肌のタイプ別原因と対策

加齢によりピンと張った肌の弾力が損なわれ、ハリがなくなる状態です。皮脂の分泌量が減り、乾燥肌にも。毛穴がたるみ、キメが粗くなるケースも多いです。また、更年期になるとフェイスラインにニキビができやすくなります。

肌荒れなど肌質にお悩みの人は
この美容成分をチェック

コラーゲン
人間の体内に存在するコラーゲンは約30種類あり、19種類の型に分類されます。美容注射の中では、1型と3型が注目されています。
プラセンタ
哺乳類の胎盤から抽出されるプラセンタの代表的なものには、ブタ、ウマ、ヒト、植物の4種類があります。このうちヒト由来のプラセンタが、医療用で使用が可能です。
ヒアルロン酸
人間の体内にある成分で、水を多く保持する能力をもつ高分子です。肌の保湿に大きく関わり、ハリや弾力をサポートしますが、加齢によって減少してしまいます。
美肌カクテル注射を打ったTomoeさん

美容注射ファンに聞いてみた vol.3
ビタミン注射を打ったTomoeさん

疲れの出たお肌に悩み、ビタミンをブレンドした注射を打ったTomoeさん。ビタミン剤を飲むよりも即効性があると期待していたそうですが、その効果はいかに!?お肌以外の効果についてもお聞きしてきました。

インタビューの続きはこちら

美肌タイプの
注射の副作用・リスクは?

内出血
針を刺した部分に内出血が起こることがありますが、1週間ほどで消えます。はじめての注射の際には発熱する場合も。
発赤・かゆみ
内出血した箇所が赤くなり、かゆみが出るケース。皮膚が硬くなり不安になると思いますが、これも大半は数日で治まります。
悪寒・発熱
初めて注射する人ほど、発熱しやすいです。半日~1日で熱は下がり、2回目以降の投与からは落ち着いてきます。
成分による
アレルギー
美肌系の注射は、ほとんどが複数の美容成分を配合したもの。知らぬ間にアレルギー物質を摂取しないよう、事前に要チェックです。

自分でできる副作用対策は?
美容注射の正しい知識
~美肌タイプ~

フェイスライン

フェイスライン崩れの原因と対策

年齢を重ねるとフェイスラインがゆるみ、輪郭がぼやけてしまいます。顎の下にたぷたぷと肉がたまった二重顎にも。体は細いままで顔だけ太ったように見えると、老けた印象を与えやすいです。

フェイスラインにお悩みの人は
この美容成分をチェック

ボツリヌストキシン
ボツリヌス菌が作り出す神経毒でいわゆるボトックスのこと。毒と聞くとびっくりしますが、体内に摂取するものは害がでないような濃度に薄めて使用します。
マロニエ
美容成分としてはマロニエエキス、セイヨウトチノキエキスと呼ばれています。セイヨウトチノキの種子から抽出したエキス。引き締めを促すカテコールタンニンを含みます。
ペルシアグルミ
仁の多い品種のクルミ。クルミの主成分である脂質には、リノール酸やリノレン酸などの不飽和脂肪酸が含まれています。
脂肪溶解注射を打ったHiromiさん

美容注射ファンに聞いてみた vol.4
脂肪溶解注射を打ったHiromiさん

フェイスラインの肉付きが気になり、脂肪溶解注射を打ったというキャリアウーマンHiromiさん。その効果や副作用など、独占取材しました!美容マニアならではのクリニックの選び方など、ぜひ参考にしてください。

インタビューの続きはこちら

脂肪溶解注射などの
注射の副作用・リスクは?

痛み、腫れ
フェイスラインタイプの美容注射は、他のタイプと比べて刺激が大きく、痛みや腫れが1週間ほど続くことも。
頭痛
フェイスラインをすっきりさせるには、顔の筋肉に働きかける注射もあります。そういったタイプは、一時的に頭痛が出ることも。
バランスが
悪く見える
医師の腕によって仕上がりが左右しやすい注射ですが、施術直後は腫れがあるので、時間をおいて様子を見ると良いです。
成分による
アレルギー
例えばクルミアレルギーの人は、先にご説明した「ペルシアグルミ」を含む注射を避ける必要があります。

自分でできる副作用対策は?
美容注射の正しい知識
~フェイスラインタイプ~

40代オトナ女子美容NEWS

美容大国ではもはや常識?韓国での美容注射

お隣の韓国では、美容注射はごく一般的なものです。韓国人女性の約40%が顔に美容注射を打ったことがあるというデータも[注1]。韓国では美容整形や美容に関する施術に対し、肯定的な人が多いのですね。

そんな韓国に、美容注射を目的に旅行する女性が増えているそうです!美容医療旅行を専門に扱っている旅行会社まで続々登場。こうした旅行会社では、カウンセリングの予約だけでなく、通訳として韓国まで同行するサービスまであるとか。


参照元
[注1] 韓国人女性の4割以上「顔に注射を打ったことがある」と回答

注射の痛みをやわらげる?マイクロカニューレ

美容注射はメスを使わないものの、針を刺す痛みは避けることができません。最近では、その注射の痛みをやわらげるマイクロカニューレを使用するクリニックが増えています。

マイクロカニューレとは、先端が丸い極細の針のこと。先が丸まっていることで血管や神経の損傷、内出血のリスクを軽減できると言われています。

また、針の横に穴が開いているため、一度針を刺せば、皮膚の中で針の向きを変えるだけで、さまざまな方向に溶剤を注入できます。

40代女性向け!
最新の美容情報をチェック

【PR】東京でヒアルロン酸注射が受けられるセオリークリニック

美容注射の費用と期間について

美容注射は、美容や健康に役立つ成分を、素早く体に吸収させられる治療法です。美容注射の費用相場はヒアルロン酸約4~10万円(部位による)、プラセンタ約2,000~3,000円/1回、ビタミン約5,000円、コラーゲン8~12万円、BNLS・BNLS neo2万円/1本、といわれています。また、クリニックによって費用・治療期間ともに変動しますので、一度問い合わせてみることをおすすめします。

リスク・副作用について

美容注射のうち、ヒアルロン酸注射のリスク・副作用として、内出血・腫れ・痛み・異物感・仕上がりの左右差(アバター)・アレルギー・細菌感染・血流障害などが生じる可能性があります。

プラセンタ注射のリスク・副作用として、悪寒・悪心・発熱や痛み、原材料によるアレルギー、投与方法によるショック症状などが考えられます。

また、持病をお持ちの方は、合併症などが起こる可能性が高くなる恐れもありますので、不安な点についてはクリニックへご相談ください。