プラセンタ注射・ヒアルロン酸注射など美容注射のすべてがわかる「40歳からの美容注射.com」 40歳からの美容注射.com
美容注射.com » 【体験談】「ビタミン注射」で美肌対策 » 美肌タイプの注射に副作用はあるの?

「美肌タイプの注射に副作用はあるの?」

コラーゲンやプラセンタなど、美肌向けの注射や点滴の副作用について解説しています。美肌注射における副作用は低いといわれていますが、施術を受ける前には、その内容や安全性についてしっかり確認するようにしましょう。

美肌ケアの成分たっぷり
カクテル注射・点滴の副作用とリスク

悪寒、発熱、発疹など

皮下注射や筋肉注射の場合、重篤な副作用が起こる可能性はかなり低いですが、まれに、悪寒、悪心、発熱、発疹、発赤などが起こる場合があります。

とくに、はじめて注射をした後には、微熱が出ることも。熱が出たとしても、半日~1日くらいで治まり、2回目からは落ち着いてくるはずです。

内出血が出る

美肌注射・点滴に限ったことではありませんが、注射や点滴は肌に針を刺すため、針を刺した部分に内出血が起こることもあります。

内出血は長くても1週間くらいで治まります。その部分が、赤くなり、かゆみが出て、皮膚が硬くなることもあります。これも数日で治まることがほとんどです。

内容成分に注意

美肌向けの注射・点滴は、特定の成分だけを配合したものではなく、複数の成分を配合した、各クリニックオリジナルの注射が主流です。

成分の数が多いとお得感があり嬉しいですよね。ただし、成分や薬剤によってはアレルギーが出る人もいます。

例えばプラセンタの場合、使用されるアンプルは「たん白アミノ酸製剤」です。タンパク質やアミノ酸を含むので、アレルギー体質の人が使用すると、アレルギー反応が出て、喘息などが悪化する可能性もあるようです。月経が終わった閉経後に、再び月経がはじまるという人もまれにいるのだとか。こうした副作用が出た場合、プラセンタ注射をやめれば治まるといわれているので、慌てずに対処しましょう。

また、プラセンタを投与すると、献血ができなくなります。プラセンタ注射をしたつもりはなくても、美肌注射にプラセンタが含まれていることが十分あり得ます。

プラセンタだけでなく、知らぬ間に自分のアレルギー成分を投与してしまった…なんてことを防ぐために、カクテル注射・点滴を受ける際は、事前に配合成分を確認してください。

詳しくはコチラ!「献血できなくなるって本当?」

こまめな投与が必要

先ほどご説明した通り、美肌注射・点滴には、複数の成分が含まれています。その大半が、体内で蓄積できない成分なのです。

例えば、ビタミンCはたくさん摂取しても、すぐに尿から排出されてしまいます。そのため摂り過ぎの心配は少ないでしょう。とくに、タバコを吸う人は、ビタミンCを意識して多く摂るようにしましょう。

そのため週1回、継続してこまめに投与することが理想的です。

TOPへ戻る
美容注射の費用と期間について

美容注射は、美容や健康に役立つ成分を、素早く体に吸収させられる治療法です。美容注射の費用相場はヒアルロン酸約4~10万円(部位による)、プラセンタ約2,000~3,000円/1回、ビタミン約5,000円、コラーゲン8~12万円、BNLS・BNLS neo2万円/1本、といわれています。また、クリニックによって費用・治療期間ともに変動しますので、一度問い合わせてみることをおすすめします。

リスク・副作用について

美容注射のうち、ヒアルロン酸注射のリスク・副作用として、内出血・腫れ・痛み・異物感・仕上がりの左右差(アバター)・アレルギー・細菌感染・血流障害などが生じる可能性があります。

プラセンタ注射のリスク・副作用として、悪寒・悪心・発熱や痛み、原材料によるアレルギー、投与方法によるショック症状などが考えられます。

また、持病をお持ちの方は、合併症などが起こる可能性が高くなる恐れもありますので、不安な点についてはクリニックへご相談ください。