プラセンタ注射・ヒアルロン酸注射など美容注射のすべてがわかる「40歳からの美容注射.com」 40歳からの美容注射.com
美容注射.com » 【オトナ女子美容NEWS】アラフォーエイジングケア最前線 » 【research】老け顔認定はどこから?アンケート結果発表

【research】老け顔認定はどこから?アンケート結果発表

私たち美容注射.com編集部が、独自調査を決行!老けて見えるポイント(顔)はどこか!?というアンケート調査を行ってみました。顔のどの部分がたるんだら老けて見えるのか?どこにしわができたら老け顔だと思われるのか?13の部位の中から3つを選んでもらいました。ぜひチェックしてみてください。

老け顔認定はどこから?アンケート調査

アンケート結果

部位
ほうれい線 60.40%
目じりの小じわ 52.50%
頬のたるみ 37.60%
ハリツヤのない肌 31.70%
目の下のたるみ 28.70%
シミ 27.70%
くすんだ肌 20.80%
顎のたるみ・二重顎 17.80%
口元の小じわ 14.90%
毛穴の開き・たるみ 11.90%
頬骨のでっぱり・頬のコケ 9.90%
その他 7.90%
上まぶたのたるみ、くぼみ 5.90%

老け顔に見られるのはメイクでカバーできないたるみ

他人から見て「老けた」と感じるTOP5には、ほうれい線や頬のたるみ、ハリツヤのない肌、目の下のたるみなど、たるみに関する項目が占めています

メイクでは肌をきれいに見せることはできますが、肌のたるみを隠すことはできません。一度たるんでしまうと、毎日のスキンケアはもちろん、マッサージやストレッチなどのセルフケアでは、改善するにも限界があります。
とくにほうれい線や頬のたるみは、面積も広く目立つ部分でもありますから、どうしても他人の目に入りやすくなります。

逆にいうと、老け顔に見られないようにするためには、顔のたるみを改善するのが一番です。

シミやくすみは老け顔に見える原因にはならない?

シミや肌のくすみ、毛穴などは、毎日のスキンケアでも気を使っているところだと思います。しかし、シミやくすみ、毛穴というのは、下地やメイク、スキンケア化粧品などでカバーできる部位でもあります。メイクなどでカバーしているから目立たないということも考えられますが、アンケートの結果を見てもわかる通り、シミ、くすみ、毛穴というのは、それほど他人の目には「老けた」という印象を与える要素ではないのかもしれません。

顔以外の「老け認定ポイント」は?

アンケート調査の12番目にある「その他」の内容としては、白髪、手や首のしわや筋張っているところ、顔に表れている疲れ、頭髪の薄さなどがあります。

首や手はよく、年齢があらわれる場所だといわれます。顔にしわやシミがなくても、首にしわが多いと、老けて見られがちです。

また、顔は20代に見えても、白髪が多いと年齢よりも老けて見えますし、白髪でなくても、髪質が低下していたり、髪が薄くなっていると、老けた印象を与えてしまいます。顔だけでなく、髪や首のお手入れも忘れずに。

今回の調査について

方法:インターネット調査

対象:男性42名・女性59名、20代49名・30代37名・40代14名・50代1名

時期:2018年3月

TOPへ戻る
美容注射の費用と期間について

美容注射は、美容や健康に役立つ成分を、素早く体に吸収させられる治療法です。美容注射の費用相場はヒアルロン酸約4~10万円(部位による)、プラセンタ約2,000~3,000円/1回、ビタミン約5,000円、コラーゲン8~12万円、BNLS・BNLS neo2万円/1本、といわれています。また、クリニックによって費用・治療期間ともに変動しますので、一度問い合わせてみることをおすすめします。

リスク・副作用について

美容注射のうち、ヒアルロン酸注射のリスク・副作用として、内出血・腫れ・痛み・異物感・仕上がりの左右差(アバター)・アレルギー・細菌感染・血流障害などが生じる可能性があります。

プラセンタ注射のリスク・副作用として、悪寒・悪心・発熱や痛み、原材料によるアレルギー、投与方法によるショック症状などが考えられます。

また、持病をお持ちの方は、合併症などが起こる可能性が高くなる恐れもありますので、不安な点についてはクリニックへご相談ください。