プラセンタ注射・ヒアルロン酸注射など美容注射のすべてがわかる「40歳からの美容注射.com」 40歳からの美容注射.com
美容注射.com » 【体験談】シミ・美白に効く美容注射「プラセンタ注射」 » シミの原因と対策

シミの原因と対策

代表的なしみの種類とその原因、美容注射などによる対処法についてまとめています。

しみの種類と効果的な美容注射は

肝斑

肝斑とは、頬骨にそって、左右対称にできる薄茶色のしみのことです。多くの場合、輪郭がはっきりせず、広い範囲にもやっと広がっています。30~40代に発症することが多いといわれています。メイクで隠しにくく、ケアをしているにも関わらずどんどん増えている場合には、肝斑であることが多いようです。

肝斑ができる部位

頬骨の周辺、額、目の周り、口の周りなど。頬骨から下の方にかけてもやっと広がっていたり、筆で描いたようなもの、こめかみや目尻のあたりに小さく広がったものもあります。左右で位置や大きさが微妙に違うものもあります。色の濃いしみの下に肝斑が薄く広がっていることも。

肝斑ができる原因

肝斑は30~40代で発生することが多く、その症状が見られるのは50代後半までで、閉経とともに薄くなったり消えたりすることから、その原因は女性ホルモンのバランスの乱れにあるのではないかと考えられています。

また、妊娠やピルの使用などによってホルモンバランスに変化が生じたときにも、肝斑が発生することがあります。ストレスなどでホルモンバランスが乱れると、肝斑が濃くなることも。

紫外線にあたることで表面化したり悪化することもあります。

対策

ホルモンバランスの乱れに原因があることから、まずは、ホルモンバランスを整えること。生活習慣を見直して、バランスの良い食生活をするようにしましょう。

ストレスも原因のひとつになりますから、ストレスをためこまず、自分なりのリフレッシュ法をみつけて、上手に解消していきましょう。

紫外線も肝斑を悪化させることがあるので、外出時には帽子をかぶったり、日焼け止めを塗るなどの対応を忘れずに。

肝斑の治療には、トラネキサム酸やビタミンCが有効だといわれています。レーザー治療は、症状を悪化させる恐れがあるので注意が必要です。

肝斑について
もっと詳しく見たい

老人性色素斑(日光黒子)

老人性色素斑とは、しみの中でももっとも多いタイプで、別名「日光黒子」とも呼ばれます。その名の通り、これまで浴び続けてきた紫外線の積み重ねによってできるしみで、早ければ20代後半からあらわれ、年齢を重ねるにつれて濃くなっていく傾向にあります。

老人性色素斑ができる部位

頬やこめかみをはじめとする顔全般、手の甲、腕、デコルテなど。紫外線を浴びる部位であれば、どこでもできる可能性があります。点のような小さなものから硬貨大ほどの大きなもの、色も淡いものから濃いものまでさまざまですが、輪郭がはっきりとしていて、円形または円に近い形をしたものがほとんどです。

老人性色素斑ができる原因

老人性色素斑の原因は、なんといっても紫外線。紫外線を浴びてすぐにできるわけではなく、長年の紫外線によるダメージが蓄積してあらわれてきます。

紫外線から肌細胞を守るため、私たちの体はメラノサイトを活性化させてメラニン色素をつくりだします。このメラニン色素は、ターンオーバーによって排出されていくのですが、紫外線を浴びすぎたり、加齢によって代謝機能が低下すると排出しきれず、色素沈着してしみとして残ってしまうのです。

対策

老人性色素斑を予防するためには、紫外線を浴びないようにすること。できてしまったものについても、紫外線を浴びると悪化してしまうので、外出時などの紫外線対策は万全に。

できてしまった老人性色素斑への対策としては、ターンオーバーを促す成分であるビタミンCやL-システインなども有効です。

紫外線を浴びると活性酸素が増え、肌トラブルも起こしやすくなるので、紫外線予防だけでなく、活性酸素を除去する抗酸化作用のある成分を取り入れるのもおすすめです。

クリニックでの治療としては、レーザー治療が主流になっています。

老人性色素斑(日光黒子)について
もっと詳しく見たい

炎症後色素沈着

炎症後色素沈着とは、ニキビや虫刺され、傷、かぶれ、やけどなどにより皮膚が炎症を起こし、その後、しみになって色素沈着を起こしてしまったものをいいます。

炎症後色素沈着ができる部位

顔、背中、胸、腕、足、お尻。顔や背中、胸は皮脂の分泌量が多くニキビができやすく、腕や脚は虫に刺されやすくかきむしりやすいところです。デスクワークなどで長時間椅子に座っていることが多い人は、お尻に負担がかかって血行が悪くなり、代謝が衰えるため、お尻にもできることがあります。

炎症後色素沈着ができる原因

炎症後色素沈着は、ニキビや虫刺され、傷、やけど、かぶれ、湿疹などによって皮膚が炎症を起こすことによって生じます。皮膚が炎症を起こすと、メラニン色素が大量につくられるのですが、それが正常に排出されずに肌に残ってしまい、しみになってしまうのです。

こうした肌トラブルのほか、洗顔時に肌を強くこすったり、刺激の強い化粧品を使ったり、毛抜きやピーリングなどによっても炎症後色素沈着ができることがあります。

対策

炎症後色素沈着は、基本的には肌のターンオーバーによって、自然に治るといわれています。ターンオーバーを促すために、ビタミンCやL-システインなどの成分を摂取するのもいいでしょう。

ニキビなどの肌トラブルを起こさないよう、生活習慣を整えることも大切です。生活習慣を整えたり、正しいスキンケアをすることは、肌のターンオーバーを促すことにもつながります。

紫外線にあたると、炎症後色素沈着を起こしている部分が目立つようになったり、消えにくくなったりするので、外出時には紫外線ケアをしっかりするようにしましょう。

炎症後色素沈着について
もっと詳しく見たい

関連ページ
プラセンタを打ったKeikoさん

【取材】プラセンタを打ったKeikoさん

高級化粧品より美容注射の効果を信じているという方へインタビュー!美容マニア目線でみた効果をお聞きしました。…シミの注射エピソードを読む

TOPへ戻る
美容注射の費用と期間について

美容注射は、美容や健康に役立つ成分を、素早く体に吸収させられる治療法です。美容注射の費用相場はヒアルロン酸約4~10万円(部位による)、プラセンタ約2,000~3,000円/1回、ビタミン約5,000円、コラーゲン8~12万円、BNLS・BNLS neo2万円/1本、といわれています。また、クリニックによって費用・治療期間ともに変動しますので、一度問い合わせてみることをおすすめします。

リスク・副作用について

美容注射のうち、ヒアルロン酸注射のリスク・副作用として、内出血・腫れ・痛み・異物感・仕上がりの左右差(アバター)・アレルギー・細菌感染・血流障害などが生じる可能性があります。

プラセンタ注射のリスク・副作用として、悪寒・悪心・発熱や痛み、原材料によるアレルギー、投与方法によるショック症状などが考えられます。

また、持病をお持ちの方は、合併症などが起こる可能性が高くなる恐れもありますので、不安な点についてはクリニックへご相談ください。