プラセンタ注射・ヒアルロン酸注射など美容注射のすべてがわかる「40歳からの美容注射.com」 40歳からの美容注射.com
美容注射.com » 【体験談】「ビタミン注射」で美肌対策 » 年齢肌のタイプ別原因と対策

年齢肌のタイプ別原因と対策

肌荒れやエイジングケアなど、年齢肌の種類と原因を紹介。チェックすべき成分もピックアップしています。

肌荒れやエイジングケアなど肌の悩みを種類別に解決

ハリがない

肌がピンと張って、自然にリフトアップされ、弾力のある状態がハリのある肌。このハリがなくなるとたるみが出て、ほうれい線やフェイスラインなどのたるみが目立つようになり、一気に老けて見えてしまいます。

ハリがなくなる部位

目元、口元、フェイスライン。とくに、目元や口元は皮膚が薄く乾燥しやすいので注意が必要です。ハリがなくなる前兆として、乾燥による小じわやちりめんじわが目立つようになってくるといわれています。

ハリがなくなる原因

加齢によって、肌にハリを与えてくれるコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸という成分が減少したり変性すると、肌のハリが失われていきます。

また、加齢によって表情筋が衰えたり、紫外線によるダメージを受けたり、乾燥による肌のバリア機能が低下したり、活性酸素や女性ホルモンの減少という要素も、ハリがなくなる原因になります。

対策

肌のハリを取り戻すための対策として、まずは保湿をしっかりすること。肌が乾燥すると肌のバリア機能が低下し、肌のハリや弾力にも影響を及ぼします。

ハリや弾力に効果のある成分としては、ヒアルロン酸、コラーゲン、エラスチン、セラミド、酢酸レチノールなどがあります。

紫外線はコラーゲンやエラスチンを破壊してしまうので、保湿だけでなく、紫外線対策もしっかりするようにしましょう。

乾燥

肌の悩みで多いのが乾燥。そして、しわやたるみをはじめ、多くの肌トラブルの原因にもなっているのが乾燥です。乾燥は空気が乾く冬はもちろん、夏にも起こるので注意が必要です。

乾燥しやすい部位

口元、目元、頬、あご。口元や目元は皮脂腺が少なく、皮膚も薄いため乾燥しやすくなっています。頬やあごも、皮脂の分泌量が比較的少ないため、乾燥しやすいところです。

乾燥する原因

加齢により、保水力のあるヒアルロン酸、コラーゲンなどの成分が減少します。また、皮脂の分泌量も減っていくため、肌が乾燥しやすくなります。

洗い過ぎなど、間違ったスキンケアによって肌のバリア機能が低下し、乾燥するケースも。

そのほか、紫外線や睡眠不足、ストレス、女性ホルモンのバランスの乱れ、冷暖房の長時間の利用なども乾燥を引き起こす原因になります。

対策

乾燥の対策として重要なのは、しっかりと保湿をすること。ヒアルロン酸やコラーゲン、エラスチン、セラミド、グリセリンなど、保湿力の高い成分が配合されたスキンケア化粧品を使ってしっかりと保湿をしましょう。

顔を洗うときは力を入れすぎないように優しく洗い、外出時には紫外線対策をしっかりと。

睡眠を十分にとるなど、生活習慣の見直しも大切です。

キメが粗い

肌の表面には、皮溝(ひこう)と呼ばれる溝と、その溝によってできた皮丘(ひきゅう)という盛り上がりがあります。この、皮溝の幅が細く、皮丘が小さく整っている状態を「キメ(肌理)が整っている」「キメが細かい」といいます。

この逆の状態が、「キメが粗い」ということになります。

キメが粗くなりやすい部位

頬、おでこなど乾燥しやすい部位。面積の広い部位のほうが、キメの粗さが目につきます。

キメが粗くなる原因

肌のキメが粗くなる原因のひとつは乾燥です。肌が乾燥して潤いが足りなくなると、皮丘がしぼんで形も不規則になり、キメが粗くなってしまいます。

また、加齢によって角質が厚くなるとキメも粗くなります。

紫外線を浴びてターンオーバーが乱れたり、食生活のバランスが悪くなることも、肌のキメを粗くする原因だといわれています。

対策

キメを整えるには、まずはしっかりと保湿をすること。ヒアルロン酸やコラーゲンなど、保湿力の高い成分を配合したスキンケア化粧品を使って、十分に保湿をしてあげましょう。

紫外線対策や食生活の見直しも忘れずに。

毛穴が開く・たるむ

本来、毛穴は丸い形をしているのですが、加齢などによって肌がたるむと毛穴も広がり、楕円形になってしまいます。以前よりも毛穴が目立つようになったという場合も、毛穴がたるんだり開いてきた証拠です。

毛穴が開きやすい部位

毛穴の開きやたるみは、頬が目立ちやすいといわれています。

毛穴が開く原因

毛穴の開きやたるみは、加齢などで肌がたるんできたことが一番の原因です。加齢によってコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸など、肌のハリや弾力を司っていた成分が減少すると、肌がたるみ、毛穴もたるんで開いてしまいます。

また、皮脂が過剰に分泌されると、毛穴が広がってしまうことも。その逆に、乾燥によってキメが乱れ、毛穴が目立つようになるケースもあります。

対策

スキンケアでは、加齢によって減少するコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸はもちろん、コラーゲンの産生をサポートするビタミンC誘導体角質の潤いを逃さないよう働くセラミドなどの成分を取り入れるようにしましょう。

表情筋のたるみも毛穴の開きやたるみに影響するので、ストレッチなどで表情筋を意識的に動かし、鍛えるのもおすすめです。

更年期ニキビ

ニキビというと若い人の悩みだと思いがちですが、実は更年期でもニキビができやすくなります。更年期のニキビには、女性ホルモンの一種であるエストロゲンが影響しています。

ニキビができやすい部位

あごや口の周り。更年期のニキビはあごなどのフェイスラインにできやすいといわれています。

ニキビができる原因

女性ホルモンの一種であるエストロゲンの減少が原因。肌のターンオーバーを促すエストロゲンが減少することでターンオーバーが乱れ、古い角質がたまりやすくなってニキビができやすくなるといわれています。

また、エストロゲンが減少する一方、皮脂の分泌量を増やすプロゲステロンが増加することで毛穴が詰まりやすくなると考えられます。

対策

皮膚が乾燥すると、肌は身を守ろうと皮脂を分泌しようとするので、まずはしっかり保湿をして乾燥させないようにすること。ニキビができやすいからと乳液やクリームを避けると逆効果なので、肌質と相談しながら、油分が多すぎず、かつ、しっかりと保湿してくれるものを選ぶようにしましょう。

コラーゲンの生成を活性化させ、抗炎症作用のあるビタミンC誘導体などの成分がおすすめです。

TOPへ戻る
美容注射の費用と期間について

美容注射は、美容や健康に役立つ成分を、素早く体に吸収させられる治療法です。美容注射の費用相場はヒアルロン酸約4~10万円(部位による)、プラセンタ約2,000~3,000円/1回、ビタミン約5,000円、コラーゲン8~12万円、BNLS・BNLS neo2万円/1本、といわれています。また、クリニックによって費用・治療期間ともに変動しますので、一度問い合わせてみることをおすすめします。

リスク・副作用について

美容注射のうち、ヒアルロン酸注射のリスク・副作用として、内出血・腫れ・痛み・異物感・仕上がりの左右差(アバター)・アレルギー・細菌感染・血流障害などが生じる可能性があります。

プラセンタ注射のリスク・副作用として、悪寒・悪心・発熱や痛み、原材料によるアレルギー、投与方法によるショック症状などが考えられます。

また、持病をお持ちの方は、合併症などが起こる可能性が高くなる恐れもありますので、不安な点についてはクリニックへご相談ください。