プラセンタ注射・ヒアルロン酸注射など美容注射のすべてがわかる「40歳からの美容注射.com」 40歳からの美容注射.com
美容注射.com » 美容注射で評判のクリニック一覧 » 東京ビジネスクリニック千葉エキナカ

東京ビジネスクリニック千葉エキナカ

東京ビジネスクリニック千葉エキナカの特徴や、受けられる美容注射メニューをまとめました。在籍している医師についても紹介しています。

東京ビジネスクリニック千葉エキナカの特徴

「JR千葉駅改札内」にある総合診療クリニック

東京ビジネスクリニック千葉エキナカは、JR千葉駅の改札内にあります。日本ではじめての改札内クリニックであり、千葉駅構内の改札4階にあるので通いやすさは抜群。

病気の診療から美容目的の診療まで、幅広い医療メニューを提供しています。

クリニックのコンセプトは、都会で働く人の「かかりつけ医」。身体の調子が悪い時などに気軽に相談できる環境や、症状に合わせた治療を心がけています。

クレジットカードやSuicaなどの交通マネーも使用可能です。駅チカで、診療時間が長く、お支払い方法も選べる便利なクリニックです。

東京ビジネスクリニック千葉エキナカの美容注射

バリエーション豊かな美容注射が選べる

美容注射のメニューは、大きく「疲労回復コース」、「二日酔いコース」、「美容健康コース」、「プラセンタコース」の4つに分かれます。

プラセンタコースで使われるのは、ヒトの胎盤から抽出されたプラセンタです。喘息やアトピーといったアレルギー症状の改善効果、疲労回復効果もあるので、疲れたと感じるときのエネルギー補給にも利用できます。

美容健康コースメニューのひとつ「美白美容注射」には、美白効果が期待できるトラネキサム酸・ビオチン、ビタミンCといった美容効果のある成分がたっぷりと含まれているので、シミやそばかすといった肌トラブルを予防。

脂肪燃焼注射には、脂肪分解を促進してくれるαリポ酸、肝臓の代謝を助けてくれるグリチルリチンとLカルニチンが含まれているので、運動前に施術を受けると、脂肪燃焼効果を高めてくれます。目的に合わせた美容注射が受けられるでしょう。

短い時間で美容注射が受けられる

美容注射は診察なしですぐ受けられるので、会社のお昼休憩や仕事の合間といったスキマ時間でも、気軽に立ち寄れます。

ほとんどのメニューが1,900円から3,900円とリーズナブルな価格で受けられるため、続けやすいのが特徴です。美容注射は定期的に受けることで、美容・美白効果が高まるので、美しさを維持したいという方におすすめです。

東京ビジネスクリニック千葉エキナカでは、土日、祝日も開院しており、21時と夜遅くまで診療しています。

すぐに診療を受けたいという方に向けて電話予約やWeb予約も受け付けているので、自分のペースで通いたいという人に最適なクリニックと言えるでしょう。

美容注射の種類と料金

※価格はすべて税不明

美容注射をしてくれる医師

内藤祥先生

東京ビジネスクリニック千葉エキナカの院長を務める内藤祥医師。北里大学医学部を卒業後、沖縄県立中部病院で救急医療や総合診療に携わり、医師としての腕を磨きました。

さらなるスキルアップのため、沖縄県の西表島に渡り、沖縄県立西表西部診療所での離島医療に従事。その後、東京ビジネスクリニック千葉エキナカを開院しました。

内藤医師は、総合診療を専門にしており、生活習慣病の診察から美容目的の注射まで、総合的な医療を提供しています。なんでも相談できるかかりつけ医を目指して、日々研さんを積んでいるそうです。

東京ビジネスクリニック千葉エキナカの基本情報

所在地 千葉県千葉市中央区新千葉1-1-1
アクセス JR在来線「千葉駅」東口出口より徒歩3分
診療時間 9:00〜21:00(夜間診療・休日診療対応)
休診日 要問合せ
電話番号 043-215-8111
TOPへ戻る
美容注射の費用と期間について

美容注射は、美容や健康に役立つ成分を、素早く体に吸収させられる治療法です。美容注射の費用相場はヒアルロン酸約4~10万円(部位による)、プラセンタ約2,000~3,000円/1回、ビタミン約5,000円、コラーゲン8~12万円、BNLS・BNLS neo2万円/1本、といわれています。また、クリニックによって費用・治療期間ともに変動しますので、一度問い合わせてみることをおすすめします。

リスク・副作用について

美容注射のうち、ヒアルロン酸注射のリスク・副作用として、内出血・腫れ・痛み・異物感・仕上がりの左右差(アバター)・アレルギー・細菌感染・血流障害などが生じる可能性があります。

プラセンタ注射のリスク・副作用として、悪寒・悪心・発熱や痛み、原材料によるアレルギー、投与方法によるショック症状などが考えられます。

また、持病をお持ちの方は、合併症などが起こる可能性が高くなる恐れもありますので、不安な点についてはクリニックへご相談ください。